三流大学を出て、第二新卒として転職活動を始めた私の体験談

「三流大学出身でも、今のご時世なんとかなる」
そんな先輩の言葉を胸に、転職活動を始めた私。
福祉関連会社に5年間勤め、年齢は27歳。
介護の仕事や、介護保険制度、総務全般の仕事などを経験し、気が付けば会社にとって都合のいい人材となっていました。
福祉業界は給料が安く、このままでは結婚が出来ないと思い、居心地がいい職場を飛び出してでも転職したいと思いました。

初めての転職活動でしたので、まずは転職サイトを見回ることから始めました。
何となくですが、かっこ悪いからハローワークには行きたくないと思っていましたし、そこで人事の人とばったり遭遇したら最悪だと思っていたので、パソコン一つで転職活動が出来るのは、とてもありがたかったです。

使ったサイトで面白かったのが、ジェイックです。
第二新卒で転職先を探している方、ぜひ参考にしてみてください。
⇒⇒⇒第二新卒求人正社員

こちらに記載されている企業は、全て人材紹介をメインにしている所ですので、初めはわたしにはハードルが高いかなと思っていました。
しかし、すんなりと登録することができ、担当の方が色々と転職先を勧めてくれました。
そんなこんなで、何社か書類を通過し、面接を受けることに。

1社目では、面接の評判が大変良く、ジェイックトの担当の方からも「採用間違いなし」と電話で言われました。
しかしそこには大きな落とし穴があったのです。

それは、学力検査でした。
1社目の面接後、面接官がジェイックの担当者に「面接が素晴らしかったです、あとは筆記の結果ですが、まず大丈夫でしょう」
と言われたそうです。
それで私に「採用間違いなし」と言ったそうなのですが、その後、面接官より「筆記の結果が余りにも悪いので、さすがに採用できない」と連絡があったようです。

それをジェイックの方は、包み隠さずに教えてくれました。
「○○さん、大変申し訳ございません。筆記テストの結果が前例がないくらい悪かったそうです。私も頼み込んだのですが、だめでした」
と電話で言われました。
あまりにストレートな表現でしたので、私はもう笑ってしまいました。

その後は、学力検査がない会社を3社ほど受け、1社から内定を貰うことが出来ました。
そこでは、私の少ない総務経験を活かして欲しいという事で、希望していた事務職での転職が達成できました。

私は三流大学出身ですが、この売り手市場という状況を上手く利用し、大幅な給料アップと、希望していた職種に就くことが出来ました。
今の職場に不満があり、今後のキャリア形成に不安があるようなら、第二新卒のうちに転職するのも一つの手かなと思います。