びっくりするほど効かない解熱剤を処方した子供の頃通っていた小児科

長女が小さい頃に実家に帰省していた時に、長女が胃腸炎を発症してしまい、悪化しないように毎日長女の看病を続けていたら、私の身体に疲れがたまってしまったようで授乳中なのに高熱を出してしまいました。結婚前はいつも高熱を出すと市販の解熱剤を飲んで熱を下げていましたが、授乳中だったのでなるべく市販の薬は飲みたくなかったのですが、かなりの高熱が出てしまい、実家とはいえ辛かったので母に聞き、私が子供の頃に通っていた小児科は大人も診てくれるというので高熱の中、受診しに行きました。

病院内は昔と変わらず懐かしい雰囲気で、診察室に入ると昔診てもらっていた先生がそのまま歳を取っていてびっくりしましたが、高熱があるが授乳中なので市販薬を飲みたくない話をすると、授乳中に飲んでも成分が母乳に出ない解熱剤を処方してくれて実家に帰りました。とにかく高熱が辛かったので処方された解熱剤をすぐに飲み、長女を母に預けて休んでいると、少し寝ても熱は全く下がっておらず、授乳中だから成分が弱い解熱剤なのかも・・・と思い、その日は高熱のまま寝て翌朝、再度、解熱剤を飲みました。

解熱剤を飲んでもまだ熱が下がらず病院で処方された薬なのにこんなに効きが悪いことはないだろうと、お昼も夜も少し食べてから解熱剤を飲みましたが全く熱は下がることなく高熱のままでずっと停滞していました。3日目になり朝、解熱剤を飲んでも全く熱は下がらず、いい加減こんなに薬を飲んでるのに薬が効かないのはおかしいだろうと思い、一回、長女への授乳をストップして、以前飲んでいた解熱剤を母に買いに行ってもらいました。一回服用すると2時間ほどで体が楽になり、熱を測ると平熱よりは高いですが、ずっと続いていた高熱よりはかなり下がっていました。

次の日に市販の解熱剤をもう一度服用するとお昼には熱は下がり、食欲も出て動けるくらいにまで回復し、結局高熱の中、受診した子供の頃通っていた小児科でもらった解熱剤は全く効果が出ることなく時間もお金も無駄になってしまいました。もう通うことはないですが子供の頃の薬も効いていたのかどうか今となってはわかりませんがそんな実家近くの小児科にはかなり不信感だけが残りました。

余談ですが、母が解熱剤を買いに行ってくれたドラッグストアには薬剤師さんがいて、親身に相談にのってくれたそうです。そのドラッグストアには薬剤師 求人 時給4000円という求人募集が出ていたそうで、さすがに時給がいいだけに仕事もちゃんとしてるんだなと思ったそうです。